学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

在校生が語る 学科の魅力

わたしのきっかけ 「介護福祉士」の魅力

亀山 暁音さん(介護福祉学科2年)

先生の丁寧な指導で安心。
充実した設備も魅力。

家族に恩返しがしたい。それが介護福祉士をめざした理由。人から感謝してもらえる仕事ということにも魅力を感じました。入学後、私が思っていた以上に設備が充実していてビックリ。同時に、しっかり技術を身につけようと決意しました。演習の授業はもちろん、認知症や障害の理解など、一つひとつが現場で必ず役立つものとして、真剣に取り組むよう努めています。本校は、専門的な知識がなくても大丈夫。先生が一から丁寧に教えてくださるので、安心して入学できる学校だと実感しています。

介護福祉学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「理学療法士」の魅力

羽田野 勇二さん(理学療法学科2年)

担任制という心強さが
頑張れる力の支えに。

 リハビリに興味を持ったのは中学生のとき。サッカーの試合中にケガをして、理学療法士さんのお世話になったことがきっかけです。本校でまず感じた魅力は、先生との距離が近いこと。担任制のおかげで勉強はもちろん、学校生活のこと、将来のこと、何でも気軽に相談でき、目標への意欲を後押ししてくれます。将来の目標は、患者さんから笑顔で「ありがとう」と言ってもらえる理学療法士。そのためにも、患者さん一人ひとりに寄り添い、向き合う気持ちを磨きたいです。

理学療法学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「作業療法士」の魅力

柳田 真帆さん(作業療法学科2年)

ヤル気をキープできるのは、
分かりやすい指導のおかげ。

作業療法士はリハビリを通して「その人らしさ」を引き出すことができる仕事。やりがいを感じられると思ったのがめざすきっかけです。本校の魅力は集中して勉強できる環境。分からないことは理解するまで丁寧に説明してもらえます。タイミングをはかったかのようにアドバイスももらえるので、モチベーションが下がることはありません。個人的には革細工や木工などの授業が好き。楽しいという気持ちを患者さんと共有できる日が待ち遠しいです。将来の目標は、患者さんから信頼してもらえる作業療法士。そのためにも、さらに知識や技術を身につけていきたいです。

作業療法学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「精神保健福祉士」の魅力

伊藤 圭哉さん(精神保健福祉学科2019年3月卒業)

仲間と切磋琢磨しながら、
人としても成長できる環境。

大学生のとき、社会福祉の分野に興味を持ったことが精神保健福祉士をめざすきっかけです。大学で学んだ心理学を活かせればと思ったことも理由の一つです。自立支援や制度とサービスなど専門職として必要な知識の授業は、知らなかったことが多く、学びがいを感じています。この学科の魅力は、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨でき、高いこころざしを持ちつづけながら学べること。また、さまざまな経歴のクラスメートと過ごすなかで、人としての幅も広がったのではないでしょうか。今後の目標は、仕事のなかに楽しみを見つけ、利用者の方々といい雰囲気がつくれるワーカーになることです。

精神保健福祉学科のページに戻る

在校生が語る「学科の魅力」バックナンバー
» 2017年度掲載分
» 2016年度掲載分
» 2015年度掲載分