学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

働く先輩に聞く

本校で学んだことを社会で実践する卒業生に、仕事のやりがいやアドバイスを教えてもらいました。

介護福祉士

小さな変化に気づくことを心がけ、
信頼関係を育んでいきたい。

小林 亮太さん(2015年卒業)
医療法人幸会 老人保健施設みず里 勤務
名古屋市中川区

超高齢社会が進むなか、介護職の人手不足を知りました。以前から「人の役に立つ仕事に就きたい」と思っていたこともあり、介護福祉士をめざしました。現在は入居者さんの食事や入浴などの介助、レクリエーション、そしてご本人やご家族の意向を踏まえつつケアプランの作成を行っています。入居者さんがリハビリやケアによって機能回復されて元気になられていく姿、笑顔が増えていく姿に出会えることが日々のやりがいになっています。今の目標は、利用者さんに安心して過ごしてもらえる信頼関係を育むこと。そのためにも、しゃべり方、身体の動きなどをじっくり観察し、小さな変化を見逃さないように心がけています。また、社会福祉士の取得をめざし勉強中。常に向上心を忘れず、自分のレベルアップに挑んでいきたいです。

このページのトップへ

理学療法士

笑顔と本音が患者さんからの信頼の証。

野口 愛梨さん(2017年卒業)
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター
愛知県大府市

家族の身体が不自由になったとき、何か力になりたいとの想いが芽生えて医療・福祉の道へ。そして勤めたのが、高齢者の健康問題に特化し、研究機関も有する今の施設です。認知症の専門外来があるほか、急性期・回復期・地域包括ケア・訪問リハビリなど幅広い分野の勉強ができ、患者さんのケアに還元できることが決め手でした。そのなかで私は、回復期病棟で整形疾患・脳血管疾患の方などへの運動療法や、最新のロボット技術を用いた歩行訓練を担当しています。この仕事のやりがいは、リハビリを通して少しずつ回復していく様子を、間近に見ながら支えられること。患者さんと心の距離を縮めるためにも、自己紹介や会話の内容に工夫し、リハビリを楽しんでもらうことを意識しています。これからも努力を続けて、患者さんの一番の理解者となりたいです。

このページのトップへ

作業療法士

患者さんの気持ちに寄り添う。
それが仕事における私の軸。

三輪 ひとみさん(2018年卒業)
医療法人 成精会 刈谷病院 勤務
愛知県刈谷市

精神分野の作業療法士にまず求められるのは、患者さん自身のなかに眠っている楽しいという感情に気づいてもらうこと。さまざまな作業や体操を通して、自分の心や身体のことに気づくことで、患者さんが少しずつ変わっていきます。そうした姿に出会えることは、素直にうれしいです。現在、プログラム内容を考えることはもちろん、患者さんの今後の生活に目を向け、過ごしやすいようにするためにはどうすればよいのかを一緒に考えることも増えてきました。やりがいの大きさとともに責任の重さも感じながら取り組んでいます。何よりも大切にしていることは、常に患者さんの気持ちに寄り添うこと。ここはブレない私の軸です。できる限り患者さんの意見や希望を尊重し、そして気軽に相談してもらえる存在になることが今の目標です。

このページのトップへ

精神保健福祉士

私とのかかわりが
生活環境の変化につながっている。

山口 泰臣さん(2004年卒業)
医療法人 成精会 刈谷病院 勤務
愛知県刈谷市

精神保健福祉士として働く先輩を見て、患者さんに寄り添う姿に感銘をうけたことから、自らも同じ道をこころざすようになりました。現在勤めているのは、患者さんの治療や支援のみならず、地域の人たちとともに「こころの健康」を発信するひらかれた病院。私に求められる業務内容は幅広く、自己研鑽につながっています。主な業務は精神科の病棟担当として患者さんの通院や生活支援を行うこと。そのほかに障がいがあっても暮らしやすい街づくりなどにも取り組んでいます。この仕事のやりがいは、やはり患者さんが元気になり退院される瞬間です。さらに退院後、社会で活躍していることを報告に来てくださったときの感動はひとしおです。まずは自分の人間性を信頼してもらうことを大切に、これからも謙虚な姿勢で仕事に励んでいきたいと思います。

このページのトップへ

「働く先輩に聞く!」バックナンバー
» 2017年度掲載分
» 2016年度掲載分
» 2015年度掲載分
» 2013年度掲載分